ばちゅーの歴史語りとその他もろもろ

歴史や読んだ本の書評、アウトプットやお役立ち情報まで手がけたいと思っているブログです。

ついてる、ついてる

今週のお題「ゲン担ぎ」

 

自分はついてると思うか、それともついてないと思うか。そんなのは自分の考え方次第でどうにでも変わる。

 

と教えてくれたのは、中高時代の先生だった。

 

それ以来験担ぎも兼ねて、些細なことでも「ついてる」と口に出したり、思うようになった。

 

すると、割とどんな「ついてない」と思うことも「これは逆についている」と感じるようになってきた。

 

おみくじで「」を引けば、むしろ運がいいおいしいなぁ〜と思う。

 

結婚式のビンゴ大会ビンゴを引き寄せるも、VRカメラではなく、特別賞のナビスコクッキーをゲットした時は、10年使えるすべらない話を手に入れたわ〜と思う。

 

それが習慣になると、結構日常が愉快になった。

 

コップの水が半分あったらどう思うか。

 

半分あると思うか。

半分しかないと思うか。

 

きっとついてる人にとっては、半分でなくても、1/4でも空っぽでも、面白い捉え方をするだろう。

 

サプリ飲むのにちょうどいい量だ〜

とか、

別の飲み物入れられるわ〜

とかね。

 

逆についてない人は、コップの水が満タンでも適量でも、面白くない捉え方をするんじゃないかなぁ。

 

そんなにあってもこぼしてしまう〜

とか、

どうせ後で喉かわく〜

とか。

 

ついてる人は、あるものに目を向け感謝する

ついてない人は、ないものに目を向けなぜ無いのかと嘆いている

 

そんなことをふと思いついた。

 

そんな私は案の定今日もついている

 

クラッチ4枚買って1枚当たった

 

損得で言えば結果は損だけど、

 

本当についてなければ一枚も当たらなかったんじゃないかな。

 

と少々強気に構えつつ、

 

やや多く買ってしまったなぁ〜

 

と、少しだけくよくよしている。

そんな冬の日のことであった。