ばちゅーの歴史語りとその他もろもろ

歴史や読んだ本の書評、アウトプットやお役立ち情報まで手がけたいと思っているブログです。

水滸伝が好きすぎる人による水滸伝講座[第2回]

というわけで、だいぶ時間が経ちましたが、

水滸伝講座第2回でございます。

 

今回からあらすじを紹介していきます。

いわゆる水滸伝のプロローグです。

 

前回のおさらいですが、水滸伝とは梁山泊に108人の好漢が集い、国と戦う物語です。

 

そこで1つ疑問が出てきませんか?

 

なんで決まっていたかのように、皆が梁山泊に集まってくるの?

 

その疑問まともにごもっとも。

で、答えをシンプルに書くならば、

 

梁山泊の好漢は108の星の生まれ変わりで、梁山泊に集まる宿命を背負って生まれてきたから

 

です。

 

 

なんのこっちゃという気がしますよね。

 

水滸伝はこんな感じで幕を開けます。

 

・国が疫病やら賊徒やらで傾き始めてきた!

・皇帝が仙人様になんとかしてもらおう!ということで、使者を送る

・仙人様に使いを果たした後で、使者が絶対に入ってはいけない祠に入って、絶対に開けてはいけない蓋を開けたせいで、封印されていた108星解き放ってしまう

 

という展開です。 

f:id:kannhakuryu:20180203165041j:plain

出典:キノトロープ | 水滸伝

 

 

もっとも、

絶対に入ってはいけない祠があったら入りたくなってしまうし、

絶対に開けてはいけない蓋があったら、開けたくなってしまうのは、

古今東西、万国共通の人間の心理なのかも分かりません。

 

で、

 

封印開けちゃったけど、俺知らね〜

 

と使者はトンズラして、都に帰ったところでプロローグは終わります。

 

その108星が活躍するのが、宋もどっぷり末期になった頃のこと。

 

物語は禁軍(国の軍隊)の武術師範、王進の受難から始るのです。

 

第2回はこの辺で。