ばちゅーの歴史語りとその他もろもろ

歴史や読んだ本の書評、アウトプットやお役立ち情報まで手がけたいと思っているブログです。

カフェイン気にしてカフェにイン

お題「コーヒー」

 

コーヒーが好きだ。

 

父上が仕入れてきた豆挽き機を使って、自分でいれて飲むのが何より好きだ。

 

おそらくコーヒーを自分でいれ始めるようになったら、スターなんちゃらとか、ドトーほにゃららのコーヒーを飲むくらいなら、自分の方が美味いや〜 となると思う。

 

そんな自分が、昨日父上に「脱カフェイン」を宣言したのである。

 

なぜなら、

 

「カフェインは、ここぞという時に適量摂取すれば、本来の効力である、脳の覚醒効果を得られるようになる」

 

「だから、毎日飲んでいる人は、4.5日ほど脱カフェインして、決まった日に飲むようにしよう!」

 

との情報を得たからだ。

 

なるほど。

 

確かに、

 

「カフェインが身体から抜けきるのは時間がかかるので、午後2時までに飲むのが良い」

 

「それより後の時間に飲むと、その日の睡眠にさし障る

 

なんて情報は知っていた。

 

じゃあせっかくなんで、試してみようではないかと思い立った次第である。

 

なお、自分が宣言するやいなや、夜にもかかわらず父上は、妹のいれたコーヒーを飲みながら、はぁそう、と言ったのであった。

 

そして、朝。

雪の降りしきった後の外を見下ろしながら、コーヒーを飲まずに、白湯をすすっていた。

 

だが、昼。

 

行きつけのパン屋さんにて、カツカレー丼を食べている時に不覚をとった。

 

行きつけのパン屋さんはカレーパンが自慢なので、カレーパンのカレーをご飯と一緒に食べるメニューがあるのだ。

 

サービスでコーヒーが付いてくるのを忘れていたのた。

 

サービスでコーヒーが付いてくるパン屋さん

なんとも素敵じゃあございませんか!

 

しかし、カフェインを取りたくない自分にとってはあまりに、

 

 

 

まぁ飲みますわな。

 

脱カフェインの道のりは険しい。