ばちゅーの歴史語りとその他もろもろ

歴史や読んだ本の書評、アウトプットやお役立ち情報まで手がけたいと思っているブログです。

受験生の思い出

今週のお題「受験」

 

あれはセンター試験も差し迫った冬の日の塾でのことでした。

 

その日は珍しく午前中から調子が良く、センター試験の倫理をしゃかりきに勉強しておったのです。

 

ノリにのってきたところで電話が鳴りました。

よりによって母か。

 

なんや、せっかくノリノリなのに。

 

いささかの不満を覚えながら電話に出ると、妙にテンションが高い。

 

「あんた!番号あるで!」

 

なんということでしょう。

 

その日はすっかり忘れていた、推薦入試の合格発表日だったのです。

 

いつも素っ頓狂な答えばっかり出してる素っ頓狂な僕は、極め付けの素っ頓狂な声を出しました。

 

なお、合格発表の日を忘れていたのは僕だけではありません。

 

母も思いっきり忘れていたのです。

 

思いっきり忘れて、韓流ドラマを動画サイトで見ていたはずみで、たまたま思い出したそうなのです。

 

なんということでしょう。

 

あまりに突拍子のないせがれの受験番号の登場に狼狽たのか。

 

母は僕よりも先に父に電話をしました。

 

すると父は、割とキレ気味で

「それは去年のだろう」

と母を叱ったそうです。

 

なんということでしょう。

 

まぁとりあえず、私の受験生時代はおもむろに終わりを告げ、特に行く必要もなかったのですが、大学の掲示板を見に行き自分の番号を確かめて、ラーメンを食って帰りました。

 

そして翌年の初詣にて、地元の神社おみくじにはこう書いてありました。

 

時ならぬ鶯の声が鳴く